ことぶきのゆらり歴史

暮らしに歴史のエッセンスを取り入れて香りづけ。日々の中に見つけられる歴史の楽しみを綴った、ゆる歴女のブログです。 一緒に楽しんでいただけたなら嬉しいです♡

「戊辰の横浜 開港都市の明治元年」横浜開港資料館

 

横浜開港資料館で10月28日㈰まで開催の企画展、『戊辰の横浜 開港都市の明治元年』を見に行きました。

 

f:id:kotobukirekishi:20180913110030j:plain

 

こちらは、横浜市歴史博物館で同時にスタートした、『戊辰の横浜 名もなき民の慶応四年』との連携展覧会です。

 

kotobukirekishi.hatenablog.com

 

慶応4年(1868)1月、鳥羽・伏見の戦い旧幕府軍は敗北。その後各地は戊辰戦争の戦雲に包まれ、日本は戦乱の一年を迎えます。

3月、東海道を進んできた薩長の兵士が横浜にあらわれます。しかし、外国軍が駐屯する開港場では戦闘は発生せず、4月、横浜は新政府軍によって平和裡に接収されました。その後、戦火は奥羽に広がります。諸藩は横浜港でも武器を調達し、戦争で負傷した新政府軍の兵士は横浜の病院に送られました。横浜は戦場にこそなりませんでしたが、戊辰戦争と深い関係を持っていたのです。

本会場では開港都市横浜の激動の一年を、古写真・錦絵・古文書・イラストなど多様な歴史資料から紹介します。

(公式リーフレットより引用)

 

 

f:id:kotobukirekishi:20180913123812j:plain

 

 

構成は

  1. 戊辰戦争の勃発
  2. 薩長兵、横浜へ
  3. 新政府軍の横浜接収
  4. 武器輸入港・横浜
  5. 横浜病院
  6. 戦争の終結天皇東幸

トピック 戊辰前夜の情景/戊辰の肖像

 

からなっています。

戊辰戦争において、武器の搬入口、そして(新政府軍の)負傷兵の治療場所としての横浜港周辺、という展示でした。

やはり港町ですね、絵や写真、古文書、展示物の全体から西洋の風を感じます。

 

こちらの展示は常設展の入場料200円で見れる、こじんまりしたものですが、この、横浜開港記念館がなかなか素敵です。

常設展ではいろんなペリーの似顔絵(当時の人が描いた)や“黒船”の模型、江戸時代晩期から明治にかけて外国人が住んだ街並みの様子が見れたり、

 

中庭には「たまくすの木」と名付けられた大きな木があり、それを囲むように置かれたベンチに座ってぼーっとしてみたり。

f:id:kotobukirekishi:20180913113804j:plain

 

 

 

 さらに敷地内の喫茶室で、お茶休憩してみたり☆

f:id:kotobukirekishi:20180913113839j:plainf:id:kotobukirekishi:20180913113932j:plain

 

 

年間4回の企画展示を開催してるそうなので、また散歩がてらにぶらりと見に来たいな。

 

今回の『戊辰の横浜』連携展、両方を見て、今までよりも少しだけ横浜の歴史を知ることができました。ほんの一部ですが。

そのほんの一部を、詳しく見ることができる機会は楽しいですね(^^)

 

 

 

諸説あり!日本人謎のルーツ

9月1日放送の、『諸説あり!』〜日本人 謎のルーツ〜 が面白かったです。(3月の再放送みたいですが)


諸説あり!って、ちょっとトンデモ的というか、でもなくはないかもよ…みたいな、エンターテインメント的な面白さがある番組なのですが、日本人のルーツを何万年も前もさかのぼって…ってなるとまた別の面白さが。
このまあるい地球の中のひとつの島国、日本人のルーツ。。。
でも興味あります。気になります。

ではその番組の内容は、と言いますと。
備忘録がてらご紹介しますね☆


番組の冒頭は、司会の吉川さんの「縄文人弥生人という言い方はまだ正しいのか?」という質問から始まります。(それに対する学者の先生の答は、「後世の人が勝手にそう呼んでるだけ」という微妙にピントがずれた返答。)

まずは人類の誕生。
20万年前 アフリカでホモサピエンスが誕生し、10万年前 全世界へ広がってゆき、4万年前 日本列島の近くまでやって来ました。
これまでは 頭蓋骨の形から、日本列島初期の住人である縄文人は東南アジアや東アジアからやってきたとされてきましたが、最新のDNA解析で 日本列島に固有するDNAがあるということが分かってきました。このDNAが縄文人に由来しているのだそうです。
それは、他のアジア人にはない、日本独特のものとのこと。

縄文人とは
約16000年前から約3000年前まで、現在の日本で文化を形成した民族。

その縄文人から、東南アジア東アジアとは異なる固有の遺伝子が見つかった。他のアジア人と全く別のルートで日本にたどりついた可能性が浮上したのです。
そこに、諸説あり

諸説
縄文人のルーツは2万年前  シベリアのマンモスハンター
縄文人のルーツは4万年前  南から来た海洋民族
縄文人より遥か前に先住民がいた


そして、それぞれの説に解説がありました。

①は、北海道の嶋木遺跡や東京の市谷加賀町二丁目遺跡、そして東シベリアのブリヤート人という人達の存在を軸に、
②は、東京の武蔵台遺跡、鹿児島の上野原遺跡を証拠として、西北九州や四国で約7300年前の鬼界カルデラ噴火から生きのびた人たちが、
日本人のルーツなのでは、とそれぞれ考えます。


さて、実際はどうなのでしょう。
北からも南からも普通に来ていそうですよね。
どちらが縄文文化を花開かせる産みの存在になったかということなんですね。

人類の広がりがアフリカから始まったとすると、最後の方にたどりつくのが日本列島。
長い長い旅を経て、この列島に生活の基盤を築いた遠い昔のご先祖様、、、
遠すぎて自分とは全く関係のない事のように感じてしまいますが、あるんですね、きっと。

4万年前に比べたら、2000年前もわりと最近ですね(^^)


f:id:kotobukirekishi:20180908015843j:plain

歴史番組一覧✤2018年 9月

2018年9月の歴史テレビ番組一覧表 🌸 

個人的に興味のある番組です(^^)(最新の情報は、各番組のホームページをご確認お願いします)

  • レギュラー
    • 月曜日(3.10.17.24)
    • 火曜日(4.11.18.25)
    • 水曜日(5.12.19.26)
    • 木曜日(6.13.20.27)
    • 土曜日(1.8.15.22.29)
  • イレギュラー

f:id:kotobukirekishi:20180902151620j:plain

続きを読む

旅のおとも

年に一度の海外旅行には、何冊かの歴史の本を持って行きます。

行きと帰りの機内用です。


移動の飛行機で過ごす時間ほど憂うつなものはない!(ファーストクラスとかだと違うんだろうな〜。憧)のですが、
ゆっくり歴史の本を読める絶好のチャンス!
と思えば、移動の時間も楽しみになります(^^)
(だって他にすることないですものね〜。動けないし)

普段の移動時間も本を持ち歩きますが、飛行機は拘束時間が長いし、何より海外だと途中で買い足すことができない!!
ので、出発日の1週間ぐらい前から計画的に用意します。


いざ読んでみて、面白くなかったらつらい💦飽きずに読めそうなもの、難しくなくてかるい気持ちでさらっと読めるもの、なるべく文庫本、と考えて。


今回は片道7時間(そのうちの半分は寝る予定)なので、この3冊を用意しました。

f:id:kotobukirekishi:20180804002720j:plain

・忍者の末裔 (高尾善希)
・日本史の内幕 (磯田道史
・海の向こうから見た倭国 (高田貫太)


磯田道史さんと高尾善希さんの本は絶対読みやすくて面白いので、こういう時のためにとってあるのです(^^) 
高田貫太さんの本は初めてです。わくわく!!


これに、旅行先のガイドブックと、当日空港でファッション誌を1冊買って、準備は万端です。


わーい(^^)  旅行がますます楽しみになりました♡




にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

日本史ランキング

歴史番組一覧✤2018年 8月

2018年8月の歴史テレビ番組一覧表 🌸 

個人的に興味のある番組です(^^)(最新の情報は、各番組のホームページをご確認お願いします)

  • レギュラー
    • 月曜日(6.13.20.27)
    • 火曜日(7.14.21.28)
    • 水曜日(1.8.15.22.29)
    • 木曜日(2.9.16.23.30)
    • 土曜日(4.11.18.25)
  • イレギュラー

f:id:kotobukirekishi:20180731010630j:plain

続きを読む

池上本門寺・500個の風鈴

f:id:kotobukirekishi:20180712001212j:plain

 

毎日暑いですね。

 

池上本門寺の境内は、まるで真空パックしたみたいに

外の喧騒を忘れさせてくれます。

 

立ち止まって   息はいて

 

風鈴の音を聞くと、心に涼しい風がふきます。