ことぶきのゆらり歴史

暮らしに歴史のエッセンスを取り入れて香りづけ。日々の中に見つけられる歴史の楽しみを綴った、ゆる歴女のブログです。 一緒に楽しんでいただけたなら嬉しいです♡

両国・お江戸めぐり☆前編

両国と言えば国技館・お相撲さんのイメージが強いですね。

だけど、それだけじゃありません。歴史スポットが点在していて、町をあげて「お江戸押し!!」な感じが気分を盛り上げてくれる、歴史散策にぴったりな町です。

江戸東京博物館をメインに、お江戸気分に浸りながら両国駅周辺をお散歩してみませんか🌸

 

 

🕥10:30 

回向院

両国駅を降りたら、駅の南側のエリアへ向かいます。

 

f:id:kotobukirekishi:20180623010501j:plain

 

回向院の開創は明暦3(1657)年。

時は将軍家綱の時代、“振袖火事”の名で知られる明暦の大火が起こりました。

江戸中を焼き尽くしたこの大火事が出した死者は10万人以上、そのほとんどが身元や身寄りがわかりません。

それらの犠牲者を弔うために法要を行うお堂を建て、供養したのが回向院の歴史の始まりです。

 

また江戸時代後期から国技館ができる明治42年までここ回向院が大相撲興行の定場所とされていました。

境内には昭和11(1936)年、相撲協会が建立した「力塚」はじめ数々の石碑・お墓があります。

 

有名なのは『鼠小僧次郎吉の墓』。

ねずみ小僧と言えば誰もが1度は耳にしたことがある江戸時代の大泥棒。

大名屋敷から千両箱を盗み、貧しい庶民の住む長屋に小判を置いて立ち去ったという説もあり、その信仰は江戸時代より盛んでした。

鼠小僧は天保3(1832)年に処刑されましたが、墓石のかけらを持っていくと賭け事に勝つといわれ、お守りに墓石を削っていく人が絶えなかったそうです。

 

そのほか境内には動物の慰霊碑が多いのも印象的でした。

回向院開創以来の理念、「有縁・無縁に関わらず、また人間・動物にも関わらず、生あるすべてのものへの仏の慈悲を説くもの」。に沿ったありかたを感じます。

 

 

🕚11:00 

 本所松坂町公園(吉良邸跡)

f:id:kotobukirekishi:20180623142453j:plain

 

 赤穂浪士が討ち入りした吉良上野介義央の屋敷跡の一部を保存している公園。

まさにここが討ち入りの舞台となった地です。

 

吉良上野介といえば『忠臣蔵』の悪役として有名ですが、領地の三河の吉良(愛知県西尾市吉良町)では評判が高く、今でも町の人から「吉良様」と呼ばれ敬われる善政の殿様でした。

f:id:kotobukirekishi:20180623142520j:plain

吉良上野介義央公座像  温和そうな顔をしています。

 

この公園は昭和9年に地元両国の有志が発起人となって、邸内の「吉良公御首級(みしるし)洗い井戸」を中心に土地を購入し、東京市(現在の管轄は墨田区)に寄付したものだそうです。

広さは約98㎡で、当時の吉良邸の広大な敷地(約7400㎡)の1%程。

その小さな四角い敷地内には中央を囲むように「吉良上野介義央公座像」「吉良上野介追墓碑」「吉良家家臣二十士碑」、展示資料などがぎっしりと並んでいます。       

また、それらがとてもきれいな状態で管理されていて、地元の人達の“上野介愛”が感じられるスポットです。

ベンチが用意されているので、静かな空間でひと休みもできます。

 

 

勝海舟 生誕の地

f:id:kotobukirekishi:20180623142550j:plain

 

幕末維新の有名人、勝海舟が誕生した地。

現在は両国公園となっていて、生誕の地の碑 が建てられています。

公園の一角に石碑と紹介パネルが建っているだけですが、回向院・吉良邸跡のすぐ近くの場所なので、寄っておくと良いと思います。

 

 

🕛12 : 00

炭焼ステーキ くに

f:id:kotobukirekishi:20180626225047j:plain

今日のお昼はがっつりステーキ♪
 国技館の目の前にあるステーキ屋さん。店内は落ち着いた雰囲気で、ゆっくり食事できます。ランチセットはこのボリューム(200g)で1180円。思いっきり、肉!!です(^^) それとこのお店、ご飯がつやつやしててとっても美味しい♡和食のお店でも洋食のお店でも、ご飯が美味しいってポイント高いですよね。
 
 
 

🕐13:00 

 旧安田邸庭園

 お昼休憩をとったら、国技館のすぐ裏手にある旧安田庭園を腹ごなしにのんびりお散歩。

 

f:id:kotobukirekishi:20180623142613j:plainf:id:kotobukirekishi:20180623142658j:plain

 

中央に「心」の字をかたどった池を囲む日本庭園。無料で入れます(^^)

ぐるりと一周ゆっくり回って、15分くらいかな?

池の中の岩には亀が日向ぼっこをしていて、可愛かったです。

 

庭園のとなりには 刀剣博物館 というものがあって、日本刀に興味がある方は覗いてみると良いかもしれません。

1階は無料で入れます。清潔で空調が効いているので、真夏のクールダウンなど、ちょっとした休憩にもおすすめです。

 

 

長くなってしまったので後編に続きます☆

 

 

kotobukirekishi.hatenablog.com