ことぶきのゆらり歴史

日々の中に見つけられる歴史の楽しみを綴った、ゆる歴女のブログです。 一緒に楽しんでいただけたなら嬉しいです♡

両国・お江戸めぐり☆後編

 

両国と言えば国技館・お相撲さんのイメージが強いですね。

だけど、それだけじゃありません。歴史スポットが点在していて、町をあげて「お江戸押し!!」な感じが気分を盛り上げてくれる、歴史散策にぴったりな町です。

江戸東京博物館をメインに、お江戸気分に浸りながら両国駅周辺をお散歩してみませんか🌸

 

両国歴史さんぽ、こちらからの続きです。 前編 ↓  

kotobukirekishi.hatenablog.com

 

🕜13:30 

江戸東京博物館

 

f:id:kotobukirekishi:20180627105943j:plain

1年に1回ほど行きたくなる江戸東京博物館

 

館内に入ると、まず実物大の日本橋復元模型が迎えてくれます。

足を踏み入れるとそこは THE・お江戸ワールド☆

ここでの楽しみは、何と言っても壮大なジオラマの数々!!

 

 

f:id:kotobukirekishi:20180627110057j:plainf:id:kotobukirekishi:20180627110139j:plainf:id:kotobukirekishi:20180627110212j:plainf:id:kotobukirekishi:20180627110255j:plainf:id:kotobukirekishi:20180627110349j:plain

 

もう眺めてるだけで楽しい(*^^*) 

これらを見るだけでも、1年に1回行きたくなるのです。

 

江戸時代の、町人地と比較された大名屋敷の広さには毎回驚きます。

 

 

 

f:id:kotobukirekishi:20180627110418j:plain

 実物大の模型も数多く展示。

展示室はかなり広くて、ほぼ半分ずつ「江戸ゾーン」と「東京ゾーン(明治以降)」に分かれています。

IKEAみたいに江戸・明治・昭和初期の住宅の原寸大の模型があったり、芝居小屋の模型など、とにかく見る楽しみがいっぱい!の博物館。

全てをじっくりしっかり見て回ろうと思ったら、半日くらいかかるかも。

 

企画展として、7月22日まで『発掘された日本列島2018新発見考古速報』が開催されています。

f:id:kotobukirekishi:20180627121735j:plain

 

江戸東京博物館

 9:30~11:30   月曜・年末年始 休館

 

 

 

🕒15:00

両国橋茶房 両国NOREN店

 

たくさん歩いて疲れました^^;

お散歩のしめくくりに、両国駅に隣接する『両国江戸NOREN』にあるこちらの甘味処でお茶休み☆

種類豊富な和風パフェやかき氷もとっても美味しそうで目移りしてしまいます。

ゆったりお茶をするという雰囲気ではないけれど、デザートは期待を裏切らない美味しさ。

駅のすぐ隣という立地もちょうど良くて、散策の疲れをほっと癒すのにぴったりのお店です。

 f:id:kotobukirekishi:20180627121838j:plain

 備長炭炭焼アイスコーヒーと抹茶アイス最中のセット 960円

 

両国橋茶房 10:00~21:00   無休

 

 

今日の歴史散歩はこれで終了です。

江戸東京博物館の企画展目当てで出かけたのですが、他にも見どころがいっぱいで充実した1日になりました(^^)

駅半径500m以内でこんなに満喫できる “お江戸濃度” 高めの両国に、お出かけしてみてはいかがでしょうか☆